手続き・申請・業務

ホーム

>

手続き・申請・業務

>

「「ジェネリック医薬品を使いましょう!」の関連情報」一覧

「ジェネリック医薬品を使いましょう!」の関連情報」には17件の情報があります

情報が更新された順に並んでいます

  • 高齢期移行助成事業

     65歳から70歳未満の方(後期高齢者医療制度加入者を除く)に対して、医療費の自己負担分の一部を助成する制度です。
    ※高齢期移行助成事業の詳しい内容については、下記にある関連ファイル「高齢期移行助成事業について」をご覧ください。
    健康福祉課 2018年11月07日 12時53分
  • 後期高齢者医療制度

     世界有数の長寿国、日本の医療費は今後ますます増大します。これまでの制度が限界となる中で将来にわたり国民皆保険を守り家族や社会のために長年尽くされた高齢者の方々が安心して医療を受け続けられるようにするため、長い議論を経て、若い世代も含めてみんなが納得して支えあう後期高齢者医療制度が平成20年4月1日からスタートしました。
    健康福祉課 2017年09月05日 16時41分
  • 国民健康保険の制度

     国民健康保険(以下、文中「国保」)は、病気やけがをしたときに安心してお医者さんにかかれるように、被保険者のみなさんがお金(保険税)を出し合い、お互いに助け合うという制度です。みなさんが住む市区町村が保険者になり運営しています。
     

    健康福祉課 2015年12月28日 11時51分
  • 口座振替をお勧めします

     口座振替をご利用すればお納め忘れもなく安心です!この制度は金融機関(郵便局を含む)があなたが指定された口座から納期日に自動的に振り替えて納税いたします。お仕事や家事で忙しい方にお勧めします。
    税務課 2014年10月03日 13時06分
  • 特定健診・特定保健指導

     平成20年4月から生活習慣病の予防を目的とした「特定健診・特定保健指導」が始まりました。これは、生活習慣病発症前の段階であるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診を実施し、その結果に基づいて専門家(医師、保健師、管理栄養士等)により生活習慣改善のサポートをする制度です。

     下記関連ファイルにある特定健康診査等実施計画に基づき実施しています。
      
    健康福祉課 2014年03月31日 19時30分
  • 国民年金の被保険者

    国民年金の被保険者
     20歳以上60歳未満で日本国内に住所のある人は、国民年金の被保険者になることになっています。(被用者年金制度の老齢年金を受けられる人を除く)
     また、20歳未満または60歳以上であっても、被用者年金制度の加入者は、国民年金の被保険者になることになっています。


    健康福祉課 2014年03月31日 19時30分
  • 養護老人ホームへの入所について

     65歳以上の高齢者で入院治療や介護の必要がなく、集団生活が可能な方で、家庭環境や経済上の理由で自宅で生活することが困難な方が入所できる施設です。
    健康福祉課 2014年02月12日 14時31分

広告について

閉じる

広告について