手続き・申請・業務

ホーム

>

手続き・申請・業務

>

「育児・保育」一覧

育児・保育」には12件の情報があります

情報が更新された順に並んでいます

  • 保育所・認定こども園(保育枠)等への入所手続きについて

    保育所や認定こども園(保育枠)へ入所(園)するための手続について
    教育推進課 2017年11月15日 08時37分
  • 平成30年度保育所児等の募集について

    平成30年4月からの保育所、認定こども園の入所申込が始まります。
    教育推進課 2017年10月25日 13時04分
  • 幼稚園・保育所・認定こども園について

     幼稚園・保育所・認定こども園について、各施設の特徴、町内施設の情報や保育料の違いなどを説明します。
    教育推進課 2017年10月25日 10時53分
  • 一時預かり事業

     保護者の就労形態の多様化により、家庭での保育が断続的に困難となる児童や保護者の傷病、入院、私的事由等により一時的に保育を必要とする幼児に対して一時預かり事業を実施することにより、家庭における保育を支援します。
    教育推進課 2017年06月28日 13時56分
  • 母子保健事業

     母子保健事業として、親子健康手帳の交付、妊婦健診診査費補助事業、妊婦歯科健康診査補助事業、母子訪問、乳幼児健康診査、プレママサロン、赤ちゃんサロン、子育て相談等を実施しています。
    保健センター 2017年04月01日 00時00分
  • 子どもの発達相談事業

     こどもの発達・発育に「あれっ?」と感じたらまずは相談してください。こどもの発達過程として、自宅で様子をみていたら良い場合、様子をみておくだけでなく、積極的に発達支援をした方が良い場合など、関わり方はその子の発達状態や特徴によって1人ひとり異なります。早期に支援をすることによって、こどもが自宅や保育所・幼稚園・小学校などでより過ごしやすくなることもあります。
    保健センター 2017年04月01日 00時00分
  • 臨時福祉給付金・年金生活者等支援臨時福祉給付金(障害・遺族年金受給者向け)

     平成26年4月に実施した消費税率引上げに伴う所得の少ない方への影響を緩和するため、平成28年度臨時福祉給付金が支給されます。また、一億総活躍社会の実現に向け、賃金引上げの恩恵が及びにくい所得の少ない年金受給者の方を支援するため、年金生活者等支援臨時福祉給付金(障害・遺族基礎年金受給者向け)が支給されます。
    健康福祉課 2016年08月29日 14時13分
  • 家族介護慰労金支給事業について

    在宅で高齢者等を介護している介護者に慰労金を支給することで、介護の負担を軽減するとともに、在宅生活の継続、向上を図るためにこの事業は実施されています。
    地域包括支援センター 2016年06月10日 17時49分
  • 徘徊高齢者等家族支援サービス事業

    認知症などで、徘徊のおそれのある高齢者等のご家族の方にGPS検索機能をもつ端末機を貸し出します。位置検索システムを利用することで、この端末機を身につけている方の所在がわからなくなった場合など、居場所を調べることができます。
    地域包括支援センター 2015年06月16日 09時22分
  • (特別)児童扶養手当現況届の提出を忘れないで!

    毎年8月は、児童扶養手当と特別児童扶養手当の「現況届」を提出する時期です。対象の方には、7月下旬に「現況届」を郵送しますので、内容を確認し記入の上、提出をしてください。なお、「現況届」を提出されない場合は、手当を受けることができなくなりますのでご注意ください。
    健康福祉課 2015年02月23日 21時34分
閉じる