手続き・申請・業務

ホーム

>

手続き・申請・業務

>

保育所・認定こども園(保育枠)等への入所手続きについて

サイト内検索

最終更新日:2017年11月15日(水曜日) 08時37分
ID:4-3-9610-11392
印刷用ページ

保育所・認定こども園(保育枠)等への入所手続きについて

保育所や認定こども園(保育枠)へ入所(園)するための手続について

保育所等への入所について

保育所等への入所は、上郡町に住民登録があり、子どもの保護者(父・母)のいずれもが次の基準に該当し、保育の必要性が認められる場合に限られます。

なお、保育所等には定員がありますので、入所基準を満たしている場合でも必ず希望する保育所等に入所できるとは限りません。

友達と遊ばせたい、集団生活に慣れさせたいなどの理由では入所することはできません。

 

保護者の常態(保育の必要性の事由)

保育所等を利用できる期間

就 労 ※1

子どもの保護者が家庭外で仕事している、又は家庭内で子どもと離れて日常の家事以外の仕事をしている場合

就労が継続している期間

妊娠・出産

妊娠中であるか又は出産後間がない場合

出産月及び前後2ヶ月の合計5ヶ月

保護者の

 疾病等

子どもの保護者が疾病、負傷、又は心身に障がいを有している場合

当該理由により保育することが困難な期間

同居親族の

介護・看護

子どもの家庭に長期にわたる病人や、心身に障害のある人がいるため、保護者が常に介護・看護にあたっている場合

当該理由により保育することが困難な期間

災 害

子どもの保護者が震災、風水害、火災、その他の災害の復旧にあたっている場合

災害を受けた月を除く3カ月以内

求職活動

子どもの保護者が就労のための活動をしている場合

入所月を含む3ヶ月以内  ※3

就 学

学校や職業訓練学校に通っている場合

卒業予定日の月末まで

虐待やDV

虐待や配偶者等からのDVの恐れがある場合

町が必要と認める期間

育児休業 ※2

既に保育所を利用している子どもの保護者が出産等により育児休業を取得し、保育可能な状態になったが、退所による環境の変化が入所子どもの発達上好ましくない場合

育児休業終了日の月末まで

(育児休業の期間が1年間以内の場合に限ります)

その他

上記と同様の状態であると認められる場合

 

※1 1日当たりおおむね4時間以上、かつ、月14日以上の勤務(月当たり56時間以上)が必要です。

※2 育児休業理由での新規入所はできません。また、育児休業期間が1年間を超える場合は入所できませんが、在所子どもが育児休業取得時に4歳クラスの10月以降の場合は、引き続き入所ができます(求職、出産、災害等により新規入所した場合を除く)

※3 過去6ヶ月間に、「求職により入所→3カ月経過により退所」している場合は入所できません。

 

入所申込に必要な書類について

入所申込に必要な書類は次のとおりです。

なお、申込書類配布には、保育の必要性等の家庭状況の聞き取りが必要な場合があるため、HP等での配布は行っておりません。

 

書 類

対象者

備考

施設型給付費・地域型保育給付費等支給認定申請書兼事業所入所申込書

全員

入所申込み子ども1人につき1枚必要です。

保育の実施を必要とする理由・申立書

全員

世帯につき1枚必要です。

保育の必要性の確認書類

全員

下記詳細

利用者負担額の算定に必要な書類

平成2912日以降にに上郡町に転入した方

下記詳細

家庭の状況により必要な書類

ひとり親世帯の方、生活保護受給中の方等

下記詳細

個人番号が確認できる書類及び身元確認ができる書類

(申請書提出時に窓口にて提示)

全員

個人番号確認書類

(マイナンバーカード、通知カード、番号記載の住民票)

身元確認書類

(マイナンバーカード、顔写真付き証明書(運転免許証等)、その他証明書2つ)

 

保育の必要性の確認書類

  保育の必要性の事由に応じて両親ともに下記の書類が必要です。

65歳未満の祖父母等と同居している方は、祖父母等も下記の書類を提出ください。

65歳未満の祖父母の状況ついては「保育の必要性の認定」には影響しませんが、提出がない場合、入所調整で不利になる場合があります。

保育の必要性の事由

提出書類

証明書の依頼先及び注意点

就 労

会社勤めの方

就労証明書

就労している会社等 ※様式は上郡町の様式を使用してください。

自営業、農業の方

就労状況申告書

収入状況等が確認できる書類

自営業とは、同居する直系の親族が事業を営んでいる場合で法人格を有していない場合をいいます。※様式は上郡町の様式を使用してください。

妊娠・出産

母子手帳(写)、出産予定証明書など出産予定日がわかるもの

医療機関等

保護者の疾病等

疾病、負傷

診断・証明書

医療機関等 ※様式は上郡町の様式を使用してください。

障がい

障害者手帳(写)

同居親族の

介護・看護

診断・証明書、要介護認定通知書(写)

又は障害者手帳(写)

医療機関等 ※様式は上郡町の様式を使用してください。

災 害

罹災証明書等

役所、消防署、警察署等

求職活動

求職状況申立書

※様式は上郡町の様式を使用してください。

就 学

在学証明書(写)又は学生証等(写)

就学先の学校等

虐待やDV

ご相談ください

育児休業

(採用・在職・内職)証明書

※育児休業から復帰した場合は、復帰後2ヶ月分の給与明細書(写)

就労している会社 ※様式は上郡町の様式を使用してください。

※必要に応じて、別途確認書類を提出してもらう場合があります。

 

利用者負担額の算定に必要な書類

 利用者負担額は、保護者の市町村民税課税情報を基に算定されるため、下記期間に転入されたなどで上郡町にて課税されていない方は、1月1日に住民票のあった市町村で下記の書類を取得し提出してください。

  提出がなかった場合は、利用者負担額は最高額(1号認定:第5階層、23号認定:第10階層)となります。なお、必要な書類が提出された場合、当該年度内の利用者負担額については、遡って見直し・還付等を行います。

【平成29年1月2日~平成30年1月1日に上郡町に住民票を異動された方】

 ・平成29年度市町村民税課税証明書(写しでも可)※1

【平成301月2日以降に上郡町に住民票を異動された方】

  ・平成29年度市町村民税課税証明書(写しでも可)※1

・平成30年度市町村民税課税証明書(写しでも可)※2

 ※1 平成309月以降に入所される方は提出不要です。

 ※2「平成30年度市町村民税課税証明書」は平成306月頃から交付されるため、転入前の住所地で発行を受け速やかに提出してください。

家庭の状況により必要な書類

入所子どもの属する世帯が、ひとり親世帯、在宅障がい児(者)のいる世帯又は生活保護世帯である場合は、下記の書類をご提出ください。

※提出がない場合は、利用者負担額(保育料)の金額へ影響する場合もあります。

家庭の状況

必要な書類

ひとり親世帯の方

・戸籍の写しなど家庭状況のわかるもの、又は児童扶養手当などひとり親世帯等が受給できる手当の受給者証の写し

・扶養者及び被扶養者が確認できる健康保険証(写)

在宅障がい児(者)のいる世帯

障害者手帳(写)、診断書又は要介護認定通知書(写)等

生活保護受給中の方

生活保護受給証明書

 

申込書の提出時期について

 ・4月1日入所の場合・・・前年度の11月頃に一斉入所申込を行います。

※詳細は広報かみごおりやHPにて別途お知らせします。

・毎月1日入所の場合・・・入所希望月の前月1515日が休日の場合は直後の開庁日)

             

留意事項

① 保育所等の入所日について  

保育所等への入所は、入所を希望される月の1日からとなります。たとえば、8月15日から入所を希望される場合は、8月1日入所となりますので、申込み期限(この場合7月15日)までに入所申込みを行ってください。ただし、4月から新規入所される場合は入園式からの入所となります。入園式の日程は各保育所等にお問い合わせください。また、就労により入所する場合は、就労する日が属する月の前月から入所することが可能です。

 

② 入所可能年齢について

   保育所等に入所できる子どもは、0歳児から就学前となっています。入所可能月齢については、保育所等ごとに異なります。詳しくは、各施設にお問い合わせください。

 

  育児休業中の在所子どもの取り扱い

   1年間を超えて育児休業を取得する場合は、保育所等を退所していただくことになります。

   1年間以内の育児休業を取得する場合は、取得時に在所している子どもは継続して在所できます。なお、育児休業復帰後は「給与明細書(写)」を2ヶ月分提出してください。

④ ならし保育について

   入所して1週間程度は保育所等での生活に慣れていただくために保育時間を短縮する「ならし保育」を行う場合があります。入所前のならし保育はできません。なお、ならし保育を利用した場合でも正規の利用者負担額がかかります。

 

⑤ 保育の解除について

   次のような事由が発生した場合、事由の発生した月の末日で退所していただくことになります。

     ① 家庭状況に変更があり、家庭で保育できるようになったとき※1

  申請書の内容または提出した書類に事実とは異なる虚偽の内容があったとき

  子どもが集団での保育が困難になったとき

※1 5歳クラスの10月以降に家庭状況が変更となった場合は、引き続きの入所が可能な場合もあります。

 

⑥ 上郡町以外の施設への入所申込みについて

父母などの勤務地の関係や住民票の異動を伴わない里帰り出産などにより、町内の保育所等に子どもを送迎することが困難な場合があります。そのような場合、保育所等への入所要件を満たし、かつ勤務地、通勤経路上や里帰り先にある他市町村の保育所等へ送迎することが可能であれば、当該他市町村の保育所等へ入所することができます。

ただし、希望する保育所等に空きがあり、保育所等の所在する市町村の同意が得られた場合に限り入所することができます。申込先は、上郡町教育委員会教育推進課になります。なお、市町村により申込みの締切日が異なりますので、必ず保育所等の所在する市町村へ締切日を確認し、締切日の1週間前までに上郡町へ申込書を提出してください。

 

施設や利用者負担額等について

  教育・保育施設についての情報や、利用者負担額等については「幼稚園・保育所・認定こども園について」のページか下記関連ファイルの「入所の手引き」よりご確認ください。

関連ファイル
カテゴリ
  • LINEで送る

最終更新日:2017年11月15日(水曜日) 08時37分
ID:4-3-9610-11392
印刷用ページ

情報発信元

教育推進課 
住所:678-1292 兵庫県赤穂郡上郡町大持278
電話:0791-52-2912
ファックス:0791-52-5523

閉じる