お知らせ

ホーム

>

お知らせ

>

「「国民健康保険税の軽減対象が拡大されました」の関連情報」一覧

「国民健康保険税の軽減対象が拡大されました」の関連情報」には74件の情報があります

情報が更新された順に並んでいます

  • 風しん抗体検査および風しんの第5期の定期接種のおしらせ [保健センター]

     2022年3月31日までの3年間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、風しん抗体検査および予防接種を公費で受けられます。

    保健センター 2019年05月23日 08時13分
  • 2019年度 子宮がん検診のご案内 [保健センター]

     最近、子宮頸がんは20歳代から30歳代の若い女性に増えてきています。
     子宮がんは初期の段階では、自覚症状がほとんどありません。
     検診では、初期の段階でも発見することができるので、2年に1回は検診を受けるようにしましょう。 
    保健センター 2019年05月22日 13時26分
  • 国民健康保険税について [税務課]

    平成31年度の税率等を掲載します。
    税務課 2019年05月17日 10時34分
  • 禁煙と食事 [保健センター]

     禁煙をすると
      《 味覚・嗅覚が回復し、味や香りに敏感になります 》
    たばこを止めると、食べ物本来の味が分かるようになり今までに比べて薄味であってもしっかりと味を感じることができ食事を美味しく食べることができます。また、香りも以前よりはっきりとわかるようになり香味野菜やフルーツなどより美味しく感じることができるようになると言われています。
    保健センター 2019年05月15日 00時00分
  • 国民健康保険 特定健診を受けましょう [健康福祉課]

    生活習慣病予防のための健診・保健指導を積極的に利用し、バランスの取れた食生活、適度な運動習慣を身に付けましょう。
    健康福祉課 2019年05月15日 00時00分
  • ◆軽自動車税の納期限のお知らせ! [税務課]

    ◆軽自動車税の納期限についてお知らせします!
    税務課 2019年05月10日 00時00分
  • 2019年度 乳がん検診のご案内 [保健センター]

     乳がんは女性に一番多いがんで、40代後半が一番のピークとなっています。
     乳がんは初期の小さな段階では、自覚症状がほとんどありません。
     検診では、初期の段階でも発見することができるので、2年に1回は検診を受けるようにしましょう。
    保健センター 2019年05月01日 00時00分
  • ちょっと増やせる付加年金をご存知ですか? [健康福祉課]

    国民年金の第1号被保険者・任意加入被保険者が、定額保険料(2019年度は16,410円)に付加保険料(月額400円)をプラスして納付すると、将来受給できる年金額が増える、【付加年金】という制度をご存知ですか?
    健康福祉課 2019年05月01日 00時00分
  • 5月31日は世界禁煙デー [保健センター]

    世界禁煙デーはWHO (世界保健機関)が制定した禁煙を推進するための記念日です。
    保健センター 2019年05月01日 00時00分
  • 高齢者の肺炎球菌感染症の予防接種費用の一部助成のお知らせ [保健センター]

     2019年度から2023年度までの5年間、引き続き年度末年齢が65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳になる方に定期予防接種として接種できることになりました。2019年度の対象者が助成を受けることができるのは、2020年3月31日までです。

    保健センター 2019年04月01日 08時45分

広告について

閉じる

広告について