お知らせ

ホーム

>

お知らせ

>

「「���������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������」の関連情報」一覧

「���������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������」の関連情報」には122件の情報があります

情報が更新された順に並んでいます

  • 介護支援ボランティアを募集しています [健康福祉課]

     平成30年4月から実施している上郡町介護支援ボランティアポイント事業の介護支援ボランティアを募集しています。65歳以上の人が対象で、ボランティア活動を通じて自身の健康増進と介護予防を図るとともに、地域や人とのつながりを深めることを支援し、いきいきとした地域づくりを推進することを目的としています。
    健康福祉課 2018年12月06日 17時31分
  • 上郡町DV防止・被害者支援基本計画を策定しました [健康福祉課]

    「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」に基づき、DV防止の広報・啓発、被害者の相談・支援などを総合的かつ計画的に進めるため、平成30年度から34年度まで5年間の「上郡町DV防止・被害者支援基本計画」を策定しました。
    健康福祉課 2018年10月02日 09時49分
  • 個人番号(マイナンバー)を利用する手続き [総務課]

    平成28年1月から個人番号(マイナンバー)の利用が始まりました。
    行政手続きの中でマイナンバーの記載と確認が必要となります。上郡町役場でマイナンバーが必要となる手続きの主なものは下記のとおりです。

    なお、手続きの詳細は、担当課まで問い合わせください。
    総務課 2018年08月16日 17時06分
  • こどもホームステイ事業のホストファミリーを募集します!! [健康福祉課]

     今年度も西播磨・中播磨の児童養護施設によるこどもホームステイ事業(前・正月短期里子事業)を実施します。
     さまざまな家庭の事情で、親元を離れて暮らす子どもたちが、一人でも多く温かい家庭でお正月の雰囲気を体験できるよう、ホストファミリー(前・ボランティア里親)を募集します。
    健康福祉課 2018年08月13日 08時16分
  • 円心ウォーク百万歩運動実施中! [保健センター]

     上郡町では、生活習慣病予防のひとつとして「円心ウォーク百万歩運動」を実施しています。ウォーキングは、いつでも・どこでも・ひとりでも手軽にできる運動です。健康でいきいきとした毎日を送るために「円心ウォーク百万歩運動」にぜひご参加ください。
    保健センター 2018年07月12日 11時04分
  • 体罰は百害あって一利なし [保健センター]

    体罰や暴言による「愛の鞭」は捨ててしまいましょう。
    保健センター 2017年12月20日 15時57分
  • 上郡町健康増進計画・第2次食育推進計画(平成29年度から平成33年度) [保健センター]

    「上郡町健康増進計画・第2次食育推進計画」(平成29年度から平成33年度)を策定しました。
    保健センター 2017年11月20日 17時32分
  • 自分でできる認知症チェック [地域包括支援センター]

    認知症は誰でもかかる可能性のある、とても身近な脳の病気です。
    認知症も他の病気と同じように、早期発見と早期対応が非常に大切です。
    早期診断・早期治療により、病気の種類によっては治る認知症もあり、また薬で進行を遅らせることができる場合もあります。
    「認知症チェックシート」を活用して、認知症セルフチェックをしてみましょう。



    地域包括支援センター 2017年10月12日 08時58分
  • 食塩の摂りすぎに注意 [保健センター]

    食塩のとりすぎは…
     高血圧をはじめとした生活習慣病のリスクを高めます。
     また濃い味付けによる食べすぎとなり肥満の原因となります。


    保健センター 2017年09月15日 16時56分
  • 高齢者総合相談窓口を設置しました!! [地域包括支援センター]

    国は、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目処に、医療と介護の両方を必要とする高齢者が、住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう包括的かつ継続的な在宅医療・介護を提供することが重要とし、平成30年までに各市町に「在宅医療・介護連携推進事業」の実施を推進しています。その1事業として、在宅医療・介護連携に関する相談支援事業があります。
    地域包括支援センター 2017年08月22日 13時05分

広告について

閉じる

広告について