お知らせ

ホーム

>

お知らせ

>

犬の鑑札と狂犬病予防注射済票について

サイト内検索

最終更新日:2015年7月10日(金曜日) 11時57分
ID:2-2-4914-9848
印刷用ページ

犬の鑑札と狂犬病予防注射済票について

犬の飼い主の義務

犬の飼い主は「犬の鑑札」「狂犬病予防注射済票」を、犬の首輪などに付けておくことが法律で義務付けられています。
狂犬病予防注射を受けたら、交付された「狂犬病予防注射済票」を必ず犬の首輪などに付けてください。
 
犬の鑑札を飼い犬に付けておくと、万一、迷子となった場合に保護された際にもすぐに身元が判明し
飼い主へ引き渡すことができます。
 ○ 犬の登録手続きについて
犬を飼うときは、生後 91日以上経過して以降に一生に一度の登録が必要です。
いわば、愛犬の住民登録のようなものです。
犬の登録は、犬の飼い主の義務として「狂犬病予防法」に義務付けられています。必ず登録してください。
登録手続きは、住民課、町内の動物病院で行えます。また、毎年4月に町内の各所で行っている
狂犬病予防注射の「集合注射会場」でも狂犬病予防注射と合わせて行うことができます。
《登録手数料》 3,000円
 
犬の鑑札は、飼犬の首輪等に付けてください。
犬の登録をされた際には「犬の鑑札」を交付します。
交付された「犬の鑑札」は、飼犬の首輪等に「狂犬病予防注射済票」と一緒に付けることが、
法律で義務付けられています。
また、犬が迷子になった際にも、保護されれば「犬の鑑札」から飼い主が判明し、すぐに引き渡すことができます。
 
※「犬の鑑札」を紛失した場合は再交付が必要です。
《 鑑札の再交付手数料》  1,600円
 ○ 狂犬病予防注射済票交付について
狂犬病予防法により生後91日以上の犬は、年1回の「狂犬病予防注射」が義務つけられています。
狂犬病予防注射を受けた後に「注射済票」の交付手続きが済んでいない方がいらっしゃいます。
町外の動物病院などで狂犬病予防注射を受けた犬の飼い主の方は、その際に発行された
「狂犬病予防注射済証(紙の証書)」を役場住民課に持参し、「注射済票」の交付手続きを行って下さい。
《 注射済票交付手数料 》  550円
※ 注射済票の交付を受けないと「狂犬病予防法に規定する手続き」が終了したことになりません。
これらの手続きの済んでいない飼い主は、20万円以下の罰金に処せられる事がありますのでご注意ください。
犬の健康状態が次に該当する場合は、予防注射の猶予を申請してください。
・元気がない、食欲がない、下痢、おう吐などがある。      
・現在、治療中または妊娠中である。
・予防注射後、体調が悪くなったことがある。
次のような場合は、変更手続きが必要です。  
 
犬の飼い主が変わったとき、犬の所在地が変わったとき
  新しい飼い主の住所・氏名、新しい犬の所在地を連絡ください。
上郡町内で転居したとき
  新しい住所をご連絡ください。
上郡町外へ転出するとき
  上郡町の「犬の鑑札」を転居先の自治体へ持参して手続きをしてください。
  (転居先の自治体で新しい鑑札の交付を受けてください。)
上郡町へ転入したとき 
  前の自治体で交付を受けた「犬の鑑札」を住民課へ持参して登録手続きをしてください。
  (無料で新しい鑑札を交付します。)
※転出、転入の際には「犬の鑑札」が無くても、転出元の自治体で登録の確認ができれば変更手続きができます。
    
 
犬が死亡したとき
  役場住民課に届け出が必要です。
  (登録を抹消します。)
カテゴリ
  • LINEで送る

最終更新日:2015年7月10日(金曜日) 11時57分
ID:2-2-4914-9848
印刷用ページ

情報発信元

住民課 
住所:678-1292 兵庫県赤穂郡上郡町大持278番地
電話:0791-52-1115
ファックス:0791-52-6490

広告について

閉じる

広告について