お知らせ

ホーム

>

お知らせ

>

ふるさと山野里の文化財マップ

サイト内検索

最終更新日:2015年4月9日(木曜日) 11時27分
ID:2-3-9609-9533
印刷用ページ

ふるさと山野里の文化財マップ

古代「野磨郷(やまのさと)」に由来する山野里地区の文化財を紹介します。

古代の「野磨郷(やまのさと)」「筑磨(ちくま)郷」が、現在の山野里・竹万の由来となっている山野里地区は古くから拓け、縄文時代の遺跡から高嶺神社ゆかりの旧跡、近世の供養塔に至るまで、多くの文化財がこされます。

 千種川と安室川の合流地に形成された山野里地区は、古代の山陽道に沿って「筑磨」「野磨」里(郷)が置かれるなど、赤穂郡内で古くから拓かれた土地でした。上郡中学校周辺の山野里大坪遺跡は、野磨郷家の跡とおもわれます。古代以前にも西田遺跡(縄文時代)や井の端7・8号墳(古墳時代)などの遺跡がのこります。
 天禄3年(972)の創建と伝えられる高嶺神社には、神社本殿などの多くの文化財がのこり、有明山や柳田の森など関連する伝承地も近くにあります。
 中世には山陽道の「山里宿」が営まれ、戦国時代の山城・駒山城跡がのこります。
 江戸時代、赤穂藩主浅野長矩によって築かれたと伝えられる大池の畔には、長矩の供養碑が祀られています。
 近世の千種川に関わって、落岩、竹万大避神社東の船着場が伝えられており、天保10年(1839)の千種川大橋架橋を記念した供養塔ものこされています。

※詳細は、添付している「ふるさと山野里 文化財散策マップ」をご覧ください。

関連ファイル
関連リンク
カテゴリ
  • LINEで送る

最終更新日:2015年4月9日(木曜日) 11時27分
ID:2-3-9609-9533
印刷用ページ

情報発信元

教育総務課 総務・文化財係
住所:678-1292 兵庫県赤穂郡上郡町大持278
電話:0791-52-2911
ファックス:0791-52-5523

広告について

閉じる

広告について