お知らせ

ホーム

>

お知らせ

>

所得の少ない世帯は国民健康保険税額が軽減されます!

サイト内検索

最終更新日:2013年6月25日(火曜日) 15時32分
ID:2-2-4913-8174
印刷用ページ

所得の少ない世帯は国民健康保険税額が軽減されます!

所得の少ない世帯は国民健康保険税額が軽減されます。

世帯の合計所得が下の表に示す所得額以下の世帯は、均等割と世帯別平等割が軽
減されます。
 軽減を受けるための申請は必要ありませんが、軽減の判定に世帯の所得を把握す
る必要があるため、世帯主、国保の被保険者、旧国保被保険者(※)の所得申告が
必要となります。
 また、旧国保被保険者がいる世帯の保険税が、世帯構成の変更により急に増える
ことのないように緩和措置を行っていますが、平成2541日から内容が変更にな
りました。変更後の内容は次のとおりです。

◇軽減割合と所得の判定基準

軽減割合

軽減判定所得の基準額=世帯の合計所得
(世帯主と国保加入者と旧国保被保険者の所得の合計)

7割軽減

33万円以下

5割軽減

33万円+(245千円×世帯主以外の国保加入者と世帯主以外の旧国保被保険者の合計人数)以下

2割軽減

33万円+(35万円×国保加入者と旧国保被保険者の合計人数)以下


◇旧国保被保険者がいる世帯の緩和措置

1.世帯別平等割を減額(8年間に延長)

旧国保被保険者と同一世帯で、その世帯の国保加入者が一人になった場合は、医
療費分、後期高齢者支援金分の世帯別平等割が最初の5年間は2分の1に、6年目から8
年目は4分の3に減額されます(介護納付金分は減額されません)。

2.軽減の判定(恒久化)

 旧国保被保険者の所得や人数を含めて判定を行いますので、急な判定変更を防ぎ
ます。

※旧国保被保険者とは、平成204月以降に国民健康保険から後期高齢者医療制度へ
 移行された方で、移行後も継続して同一の世帯に属している方のことです。なお、
 世帯主の変更があった場合や、同一の世帯に国保加入者が一人もいなくなった場
 合には、旧国保被保険者ではなくなります。

カテゴリ
  • LINEで送る

最終更新日:2013年6月25日(火曜日) 15時32分
ID:2-2-4913-8174
印刷用ページ

情報発信元

税務課 町民税係
住所:678-1292 兵庫県赤穂郡上郡町大持278
電話:0791-52-1113
ファックス:0791-52-2431

広告について

閉じる

広告について