お知らせ

ホーム

>

お知らせ

>

みんなで気づき、みんなが支えあえるまち

サイト内検索

最終更新日:2019年8月27日(火曜日) 15時31分
ID:2-2-4925-12883
印刷用ページ

みんなで気づき、みんなが支えあえるまち

 自殺は追い込まれた末の死と言われています。その背景には、こころの問題だけではなく、過労・生活困窮・介護や育児疲れ・孤立・いじめなどさまざまな社会要因があることが知られてきました。
 上郡町では、“みんなで気づき、みんなで支えあえるまち”を目指し、誰もが追い込まれることのないまちづくりに取り組んでいます。

【上郡町をとりまく現状】 
1.自殺の現状
 2006年「自殺対策基本法」の施行以降、様々な対策により全国の自殺者は減少傾向にありますが、いまだ2万人を超える高い水準です。
 上郡町の現状は、平成27年から平成29年の3ヵ年平均自殺死亡率が17.6%であり、兵庫県16.8%より高い状況です。また、年代別では、60歳代・70歳代の自殺死亡率が高い特徴があります。
 ※自殺死亡率=人口10万人あたりの自殺者数

2.現在の上郡町の取り組み
 2019年3月に「上郡町いのち支える自殺対策推進計画」が施行され、行政が一体となって、潜在リスクを見逃さない体制づくりをしています。各課の業務の中でも常に自殺予防の視点を忘れず、「あれ、大丈夫かな?」と感じたときには声をかけ、適切な窓口につなぐことができるよう日頃から取り組んでいます。
 今後は、さらに地域の一人ひとりがお互いに気づき、声をかけ合い、支援につなぐ意識をもち、行政と町民、関係機関がネットワークを築きながら、“誰もが自殺に追い込まれることのないまち上郡”を目指していきます。
 基本理念は「みんなで気づき、みんなが支えあえるまち」です。

【変化に気づく】
1.セルフチェック
 自殺の危険因子の一つに「うつ病」があります。
 うつ病は、「生涯のうちに15人に1人がかかる可能性がある」といわれており、“こころの風邪”というほど、誰もがなりうる身近な病気です。
 うつ病は、薬によって治療が可能です。早く気づいて適切な治療を受けることが大切です。

★あなたの心の健康チェックをしてみましょう!
  ⇒チェック表を添付していますので、ご活用ください。
 
2.家族や仲間の気づき
 兵庫県自殺対策計画のアンケートにて「自分自身がこころの病気に気づいたとき、自ら専門家に相談しようかと思うか」との問いに、約半数が「思わない」と回答がありました。自分の悩みを他人に話すことは「恥ずかしい」「情けない」「弱い」と感じる方も少なくありません。特に男性にそのような傾向があります。
 自ら悩みを打ち明けることも大切ですが、こころがしんどくなっている人はそのパワーすらないことも多いため、周りがその人の変化に気づき、声をかけることが必要です。
 ○周囲が気づく変化
  ・以前と比べて表情が暗く、元気がない
  ・体調不良の訴えが多くなる
  ・仕事や家事の能力が低下、ミスが増える
  ・周囲との交流を避けるようになる
  ・遅刻、早退、欠勤(欠席)が多くなる
  ・趣味やスポーツ、外出をしなくなる
  ・飲酒量が増える           など 

【耳を傾けねぎらう】
 「自殺を考えたとき、どのように乗り越えてきたか」の問い(内閣府調査)で一番多かった回答は「家族や友人、職場の同僚など身近な人に悩みを聞いてもらった」でした。この回答のポイントは、「解決してもらった」ではなく「聞いてもらった」というところです。
 悩みを抱えている人は、指導・助言よりも受容・共感を求めています。相談されると、つい答えを出そうと肩に力が入りがちですが、まずはじっくり話を聴くことが大切です。

◎ゲートキーパー養成講座
ゲートキーパー(いのちの門番)とは、様々な悩みや生活上の困難を抱える人に気づき、耳を傾け、適切な支援につなぎ、見守る役割を担う人です。養成講座では、その役割を学び、実際に声のかけ方の練習等も取り入れながら人材育成しています。これまでは、民生委員・児童委員やケアマネージャー、一般町民に実施し、昨年度と今年度は町職員対象に実施しています。1人でも多くのゲートキーパーが地域で活躍できるよう、今後も継続していきます。

【つなぐ】
 変化に気づいて相手の話を聞くうちに、悩みの解決策が見えなかったり、相手に「死にたい」と言われたりすると、戸惑い焦ってしまいます。1人で抱えこまずに、専門家の力を借りることも大切です。
 どこに相談したらいいのかわからない場合は、まずは保健センターにご相談ください。お話を聞きながら一緒に支援方法を考えていきます。
  ★上郡町保健センター 電話0791-52-2188
  
  ★相談先一覧表を添付していますので、ご活用ください!

【見守る】
 相談窓口につないだあとも、家庭、職場、地域の見守りが大切です。あなたの日々の何気ない声かけや配慮によって、時間をかけながら穏やかなこころを取り戻すことができます。あせらずゆっくり支えていきましょう。

関連ファイル
カテゴリ
  • LINEで送る

最終更新日:2019年8月27日(火曜日) 15時31分
ID:2-2-4925-12883
印刷用ページ

情報発信元

保健センター 
住所:678-1231 兵庫県赤穂郡上郡町上郡500-1
電話:0791-52-2188
ファックス:0791-52-5060

広告について

閉じる

広告について