お知らせ

ホーム

>

お知らせ

>

ノロウィルスによる食中毒

サイト内検索

最終更新日:2018年11月9日(金曜日) 15時39分
ID:2-2-4925-12403
印刷用ページ

ノロウィルスによる食中毒

冬は特に注意! ノロウィルスによる食中毒
 食中毒は夏だけではありません。ウィルスによる食中毒は冬に多発しています。

 年間食中毒の患者数の約半数は、ノロウィルスによるものです。
 うち約8割が11月から3月に発生しています。
 
“感染経路は?”
〈 食品からの感染 〉
 ・感染した人が調理などをして汚染された食品を食べて感染
 ・ウィルスの蓄積した、加熱不十分な二枚貝などを食べて感染
〈 人からの感染 〉
 ・患者の便やおう吐物から人の手などを介して二次感染
 ・家庭や施設内などで飛沫などにより感染

“家庭でできる食中毒予防の6つのポイント”

○食品の購入  消費期限などの表示をチェック
        寄り道しないでまっすぐ帰ろう
○家庭での保存 持ち帰ったらすぐ冷蔵庫へ
        肉・魚は汁がもれないように包んで保存
        冷蔵庫は、詰めすぎない
○下準備    こまめに手を洗う
        まな板、包丁、食器、ふきんは使用後すぐに洗う
○調理     作業前に手を洗う
        加熱は十分に(ノロウィルスを防ぐには85℃以上で90秒以上加熱)
○食事     食事の前に手を洗う
        長時間室内に放置しない
○残った食品  清潔な器具、容器で保存(早めに食べる)
        温めなおすときは、十分な加熱を(めやすは75℃以上)
        時間が経ち過ぎたり疑わしいと思ったら思い切って捨てる

食中毒予防の3原則
食中毒の原因菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」

カテゴリ
  • LINEで送る

最終更新日:2018年11月9日(金曜日) 15時39分
ID:2-2-4925-12403
印刷用ページ

情報発信元

保健センター 
住所:678-1231 兵庫県赤穂郡上郡町上郡500-1
電話:0791-52-2188
ファックス:0791-52-5060

広告について

閉じる

広告について